1. ホーム>
  2. 施工実績 と 技術>
  3. 技術別>
  4. 免震・制振の技術

施工実績 と 技術

免震・制振の技術

免震構造

免震構造
概 要 免震構造は、免震層に設置したアイソレータ(絶縁装置)により地震による建物の揺れをゆっくりとした穏やかなものに変えます。また、ダンパー(減衰装置)により地震エネルギーを吸収し、振動を減少させます。
特 徴 大地震においても建物に被害を与えず、人命や財産を守ります。
用 途 集合住宅や学校、病院、庁舎、美術館などに適用されています。
関連技術 レトロフィット(免震による耐震補強)、床免震
 
主な施工実績
 

制振構造

制振構造
概 要 制振構造は、建物に取り付けた機械的な装置や機構(ダンパー)により強風時や地震時に建物の揺れを小さく抑えることができます。
特 徴 強風時における居住性が向上します。また、大地震においても構造体の損傷を抑え建物の機能を維持します。
用 途 主に鉄骨(S)造の超高層の事務所に適用されています。
 

免震装置交換(冷却)工法

免震装置交換(冷却)工法
概 要 不具合の生じた免震装置(積層ゴムアイソレータ)を、液化窒素を用いて冷却・収縮させて免震装置を取り出し、新しい免震装置に交換する工法です。
特 徴 従来の工法では、免震装置を交換する時に、免震層上部の建物全体を多数のジャッキで持ち上げる必要がありました。
本工法は、交換する免震装置を冷却し、建物の一部だけをジャッキで持ち上げて交換する工法です。従来工法と比較して、交換費用・交換日数を大幅に削減することができます。
用 途 積層ゴムアイソレータの交換

↑このページのトップへ