1. ホーム>
  2. 株主投資家情報>
  3. 株主・投資家の皆様へ>
  4. 中期経営計画

株主投資家情報

株主・投資家の皆様へ

中期経営計画 '中計80'

会社の経営の基本方針

当社グループは、2019年度(第78期)から2021年度(第80期)を対象年度とする新中期経営計画(中計80)を策定、「グループ総合力を発揮して、持続的成長戦略を推進すると共に、意識改革と技術革新により、生産性向上と働き方改革を実現させ、未来に向けた企業価値の向上を図る」を基本方針に掲げ、新たな目標に向けた挑戦をスタート致しました。量より質の大方針を維持しつつ持続的成長戦略の推進を図ることを柱としております。生産性の向上と働き方改革を実現させ、全社一丸となってナカノフドー建設の新時代を切り拓いて参ります。

中期経営計画概要(2019年4月~2022年3月)
グループ総合力を発揮して、持続的成長戦略を推進すると共に、
意識改革と技術革新により、生産性向上と働き方改革を実現させ、
未来に向けた企業価値の向上を図る
基本方針
  1. 国内全店におけるリノベーション事業の拡大とICT 活用推進
  2. 海外建設事業の営業力とコスト競争力の強化
  3. 国内・海外拠点間の情報連携による受注増強
  4. 国内外に於ける不動産賃貸事業の拡大
  5. 生産性向上と働き方改革の実現
  6. 財務体質の更なる強化と安定した株主還元
経営目標(2022年3月期数値目標)
  1. 建設事業売上高合計 1,300億円
  2. 連結営業利益 55億円
  3. 連結自己資本 380億円
  4. 株主配当 17円以上
国内建設事業の基本方針
「量より質」の大方針を維持しつつ、成長戦略を推進。
全店でのリノベーション工事と官庁工事への対応を強化し、国内建設事業
の売上高を維持向上させると共に、ICT 技術の活用を推進して生産性向上
を図り、働き方改革を実現する。
海外建設事業の基本方針
堅固な450 億円体制を再構築し、次のステージで600 億円体制を目指す
為に、ローカル社員と共に、営業活動の強化とコスト競争力の向上により
受注を増強し、工事利益の改善により収益力を強化する。